LGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」で3年連続最上位「ゴールド」を受賞

ダイバーシティ&インクルージョン
2021.11.11

株式会社奄美航空(本社:奄美市名瀬、代表取締役社長:有村昌造、以下「奄美航空」)は、令和3年11月11日、任意団体「work with Pride」が策定した、企業・団体等におけるLGBT(*1)等の性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標2021」(*2)において、昨年に引き続き、最高位「ゴールド」を受賞しました。

(*1):Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシャル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭文字を取った、性的マイノリティ(少数派)を表す総称。
(*2):PRIDE指標とは、セクシャルマイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride」が2016年に策定した、日本で初めての企業・団体などにおけるLGBTなどのセクシャルマイノリティに関する取り組みの評価指標。「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度/プログラム」「社会貢献/渉外活動」の5つの指標で採点され、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3段階で評価される。

奄美航空は、誰もが働きやすい職場環境の整備に努めてきました。
具体的には、

・入社時における新人社員の研修
・性自認や性的指向に基づく偏見や差別を排除する行動宣言を経営トップが公表
・LGBTについての深い理解に裏付けされたサポート者である「Ally」の奨励・育成
・全社員に向けたLGBT専門研修の受講
・人事や福利厚生の社内制度を全て同性パートナーに対しても適用するよう見直し
などの取組みを行ってきており、今回の受賞はこの取組みが高く評価されたものです。

奄美航空は、「共存共栄」の企業理念のもと、誰もが尊重され輝くことのできる社会の実現を目指し、ダイバーシティ・マネジメントを重要な経営課題と位置づけ、人材の採用、お客様への対応、その他あらゆる商取引時にも、人種や国籍、性別、年齢、宗教、障がい、性的指向、性自認などに基づく一切の偏見や差別を排除し、会社内外で多様な人々が受容され、活用され、一人一人が輝き幸せになれるよう、今後もより一層環境づくりに取り組んでまいります。

 

 

株式会社奄美航空

 

 

 

 

お知らせ一覧を見る
PAGETOP